メロンクリームソーダ

Twitter @_imatter__

こないだのハッシュタグのやつ

こないだツイッターでやった

#いいねした人が1冊の本だとしたら最初の1行には何と書いてあるか考える

ってやつ いいねしてくれた人ありがとう

 

なんかツイッターで垂れ流すのもアレだし、一人一人リプするのもなんか違う気がして、結果ブログにまとめちゃうことにしました。

 

もしかしたらいいねしてくれた人同士知らない人のやつも目に触れるかもしれないけど、それでも何か引っかかるものがあってくれたりしたら嬉しいなー。

 

ただ私は本当に比喩が苦手で、簡単な言葉しか使えないので。村上春樹作品が大好きだけれど、彼のような抽象的だったり複雑な比喩だったりは使えないので。

 

さすがに1行は難易度高すぎるっていうか何も伝わらなくない?もはやキャッチコピーでは?ってことで本の書き出しにするなら、くらいのイメージで書いてみました。

 

いいねもコメントも強要しないのでテキトーに読み流してもらってもいいです。ちゃんと一人一人のことで知ってること思い出しながら考えたのは事実なので、受け取ってもらえたら!

 

 

 

 

では

 

 

なるなる

いつも優しく笑っている人が必ずしも幸せとは限らない。そんなありがちな思考を巡らせながら今日も白い天使は笑顔で全ての、全てを、受け流していた。唯一受け止めたのが、彼の声だった。

 

 

ゆいちゃん

静かに熱く。苦しくて、悔しくて、時々納得いかなくて。それでも愛しくて仕方ないあなたを追いかけるだけ。たったそれだけの青春。あの頃をきっと私は何時までも思い出し続けるのだろう。

 

 

ちかちゃん

これは私が依存と自己嫌悪の狭間を無理やり塗りつぶしながら繋ぎ止めて来た日々に君が現れて、全てをあっさり綺麗に染め上げてしまったあの時の話だ。朝焼けと夕焼けと、もうひとつの、灼けるような1日の話。

 

 

たけだ

形に残ってしまうものは時に厄介だ。もう会えないのに、いつでも会える声だけを残して突然あなたが居なくなったあの日から、私はどうしたらいいのか今だにわからないまま。

 

 

まこちん

私がここ数年の気ままな旅に費やした財産と、そこで得たかけがえのない存在たち。お金で買ったなんて思わない。未来の運命はまだまだある。今は少しだけ、ビシッと黒のスーツを着て、日差しの中に溶ける。

 

 

ちえこちゃん

どうせ愛してしまうなら、持ちきれないくらい重たくありたい。生活の景色全ての色が反対になってしまうような、目の前が見えなくなるくらいに眩しい貴方の存在に重たすぎる愛を。簡単に言いたくない 特別 がそこにあった。

 

 

ゆーこはん

普通、一般、常識、当たり前。それってどれのこと言ってんの? 誰にも何も言う資格はないのだから、楽しいことをしよう。好きなことをしよう。今やりたいことをしよう。それの何が普通じゃないんだ。狂っているのは私が君か。

 

 

みずっき

出会わなくてもきっとそれなりに幸せに生きていた。と、思う。砂糖入りの冷めたコーヒーの甘ったるさに顔をしかめながら、きっと短い永遠の中において君はずっと特別のままなのだろうと思う。

 

 

まろちゃん

自由奔放、彼女はまさにそれを実体化したような存在だった。持ちきりのあの人の噂も、先入観も、どうでもよさげにくだらないことで今日も笑っている。愛しくて憧れてどうしようもない彼がそうであるように。

 

 

 

 

以上でございます!!!!

 

 

もうほんと他人のことを書くの苦手すぎなんですよ私は… 自分のことならいくらでも書けるんだけど、他人のことを魅力ある文章にするのが本当に下手くそで申し訳ないです…

 

まぁ だからこそやってみたかったし、良いトレーニングさせてもらいました。みんなありがとー!そして何より、思ってた以上にみんなのこと何も知らないんだな〜って思いました。し、もっと知りたいと思いました。

 

 

このタイミングで書くのもアレかもしれないけど、今月末で今の会社を辞めて1ヶ月の休養期間に入ります(もちろん就活します)

 

仕事はこれからも東京でやるつもりだから、会える人は是非会ってお話ししましょう。同じ目線で違う視点の会話をするのが大好きなのです。

 

 

それではまた機会があれば宜しくお願い致します。悩みながら書く過程、とても楽しかった!

 

 

それでは九段下に行ってきます(通院)