メロンクリームソーダ

Twitter @_imatter__

主人公は死なない

きっかけ

サラサラとタイムラインに目を通していたら、#死なない杯 という面白いタグ(企画)を見つけた。死に瀕した人たちがギリギリでこの世と自分を繋ぎ止めている方法などで溢れているんだろうと思っていた(重い)が、実際に読んでみると料理の作り方や町の歩き方など、実に生活感のある、それでいてどこか洒落た記事が並んでいた。これのどこが"死なない"に通じるんだ?と思いつつもいくつかの記事を読んでいくと、そうなんだ!という驚きだったり、これは試してみたい!だったり、"これから先への前向きな思考"が発生する。"死"にエンターキーを押す日が遠ざかる気がした。

 

死なないためにしたこと

3ヶ月前に鬱で仕事を辞めた。辞めるまでの月日は本当に地獄のようで、退勤して自宅に帰る道さえ常に心臓を掴まれていて、いつ握りつぶされるかわからないような気持ちだった。

そんな中で私が自己救済のためにやっていたことは"音楽の中の主人公になる"ことだった。

 

主人公になる方法(超簡単)

1.大好きな音楽を集めた相棒を用意する

私は昔からウォークマンユーザーだが、iPhoneでもなんでもいい。とにかく好きな音楽を集めた耳の相棒を用意する。イヤホンもある程度こだわると自己満足度が高まる。私はここ3年半くらいずっとオーディオテクニカのちょっと良いやつ。

 

2.ちょうどいいボリュームで聴く

これは当たり前のようで結構重要。小さすぎることはまずないと思うが、爆音すぎるとリアリティが失われる。あくまでちょうどいい感じ。そもそも爆音で聴くと危ない。

 

3.自分のルックスを脳内で書き換える

自分で自分の顔が見えないことの利点をここで存分に使おう。ほ〜〜らあなたは小松菜奈〜〜!!

 

4.さぁ世界はミュージックビデオ!!

さぁ機は熟した!!思い思いのストーリーを脳内に描いて歩く。映画の最後、街を歩く主人公を映しながら流れる主題歌。私はそんなイメージで見慣れた景色の中を歩く。 繰り返すうちに世界の見え方が変わってくる。ひとつひとつに何かを見出そうとするようになっている。嘘じゃない。

 

f:id:yuumiimai:20170602213041j:image

 

行って仕舞えばこんな行動ただの現実逃避だ。自分の不遇を美化して誤魔化そうとしているだけ。それでも私にはそうしないと歩を進めることもままならなかった。そしてこれを繰り返しているうちにいろんな美しさに気付けるようになった。なんでもない日常の映像にいい感じの音楽つけるとその"日常"が超尊く見えてくるあの感じだ。

 

f:id:yuumiimai:20170602214447j:image

 

満員電車で必死にiPhoneでAKB総選挙見てるサラリーマンも、金網越しに電車を見る親子も、夕日の中を走る中央線も、コンクリートの隙間に咲いた花も、点滅し続ける蛍光灯も、全てが美しい。

今目の前にある美しさは、突如そこに現れたものではなくて、自分が今まで日々を積み重ねてきたのと同じように、それぞれが見えないところで積み重ねてきたものがあって、やっと今ここに成り立っている。

 誰ひとり、何ひとつ同じ日々などなくて、同じ大きさの苦しみも同じ大きさの喜びもなくて、全てがオリジナルの今を生きている。それが作り出す美しさ。それを感じられるようになったら少しだけ世界がマシに見えたし、まぁ死ぬよりは生きてたほうがいいんじゃないかね、くらいには思えるようになった。

 

 f:id:yuumiimai:20170602222402j:image

 

どんな物語も主人公は死なない。私の視界に広がる世界の主人公はいつだって私だ。好きな音楽を連れて街を歩こう。苦しかった一歩がほんの少しだけ軽くなる。