メロンクリームソーダ

Twitter @_imatter__

そう、iPhoneならね。

「夢はなに?」

と聞かれたとき、何と答えたらいいのかわからなくなった。やりたいことなんて山ほどあるのに、口に出して言えなかった。

 

 夢、将来、やりたいこと

あれをやりたい、こうなりたい、を強く思っていても、口から上手く出せないときがある。

歌いたいとか、曲を書きたいとか、文を書きたいとか、ある。でもそれを仕事にしたいと口から出せないのは、きっと自分自身がそれをやり遂げられる力も自信もないと思ってるから。傷つくのが怖いから。人の前に立つことはわかりやすく賞賛を受けることができる反面わかりやすく傷つけられる他者承認欲求の塊の私にとってわかりやすい賞賛は生きる理由になる。その反面匿名という無敵のバリアを纏った敵に容赦ない攻撃を受ける可能性もあって、それは時に自分の力ではどうにもならないことや理不尽なこともたくさんあって、その時私は自分で自分を壊してしまわないだろうかと不安になる。

自分が持っているものを信じているようで本当は信じられていないのかもしれない。こうやって勝手に書き綴っているところ止まりの才能なのかもしれない。そう思ってしまう自分の気弱さもクソだなと思うし、私らしいなとも思う。

 

自分が良いと思ってないものが他人に良いと思われるわけがない。仮に思われても後々自分を苦しめるだけだ。でも自分がゼロから作るにあたって、これで完璧!って納得できるものって果たして作れるのだろうか。無理な気がする。だって人間って成長してしまうもの。

書けど鳴らせど、夜が明けたらまた納得いかなくなるのだ。永遠に誰かに胸張って見せることなんてできないんじゃないか。笑

 

つまり私はこういう奴なんだ

ここまできたら誰しもお分かりだろう、私という人間のめんどくささが。でもこの気持ちって多分私だけじゃないと思うんだよ。私もだよ!って言ってくれる人を探しているんだよ。

 

………!!!

 

(突然答えが出てびっくりしている)

 

そうかそういうことか。誰かを救いたいとか、そういうんじゃないんだ。「私はこう思うんだけど、どう?!」を究極に美しい形で問いかけたかったんだな。

 

 

悶々と悩んでいたことも、こうして文字に起こすと整理できて良いね。iPhoneとの対話、良いと思います。

 

捕まえられない自分も見つけ出せる。

そう、iPhoneならね。