メロンクリームソーダ

Twitter @_imatter__

わたしの「衣装」

変な服が好きだ

東京に来てから私服はおよそ高円寺の古着屋で買っている。誰も着てなさそうな服を見つけるとうきうきする。私のための服だ、私が1番似合う、って瞬時に思い込めちゃうあの自信が日常にもあればいいのにね。

最近、新しい服を買ってルンルンでSNSに写真を投稿すると、「イマイっぽいね」の類のコメントをくれる人がいる。これが、とっても嬉しい。服にも"わたし"をちゃんと表現できてるのかな、って嬉しくなる。

 

アースミュージックアンドエコロジー時代

が、私にもあった。高校までショートカットでバリバリ部活をしていた私にはいわゆる「女子大生」に憧れ、ゆるふわな服に走っていた暗黒時代がある。のちに量産型と言われる系統だ。もちろん当時は好きで着ていたけれど、どれも作りの小さいものが多く、170cm弱ある私はサイズを探すのも一苦労(ちなみに今は170cmオーバー)。そして何より似合わなかった。可愛いと思って買っても、いざ着ると他人を見て思い描く姿にはなれなかった。一瞬ニーハイとか履いてた時期もあった。殴りたい。もちろん量産型だったので誰からも何も言われなかったし、逆に言えば誰の目にも止まらなかった。

 

黒しか着ない時代

大学2年で某バンドにハマり、影響されやすい私は全身パステルカラーだったのが嘘みたいに黒い服ばかり着るようになった。そしてこの頃からハイブランドにも興味を持ち始めて変わったデザインの服を着るようになる。きゃりーぱみゅぱみゅみたいなフェアリーなリボンに付け替えてたアイボリーのコンバースはオールブラックに変わっていたし、フリルのショートパンツは黒のスキニーになった。

今まで以上に男ウケは悪くなったし(そもそもウケたこともないんだけど)、誰でもいいんだろうなみたいな奴にSNSで絡まれることもなくなったし、「葬式なの?笑」みたいなそれとなく敬遠する黒イジリもしょっちゅうだった。ショートボブにしてからは服とさらにイメージが合致したので、わたしのブラック化は加速するばかりだった。

この時期は2年半続いたけれど、ある時からみんな何も言わなくなったし、むしろ「カッケーな!」と言ってくれるようになった。髪にインナーカラーを入れた時も、最初こそやや引きだった友達も数ヶ月経てば「次は何色にするの?!」とか「見た目によらない思い切りの良さ良いと思う」とか(笑)褒めてくれる人が圧倒的に増えた。ほんとに人って慣れるんだな、と思った。一方で、「今まで着てなかったし見慣れないだけだ」と思っていてもやっぱり似合わないものは似合わないし、似合う服を着るのが1番カッコイイなとも思った。好きなものが似合えばいちばん良いんだけどね。たまたま変わった好みが自分に合うタイプで良かった。

 

変な柄こそ正義時代〜現在

 オールブラックを経て上京、充実の古着屋、そして私は柄物に手を出すようになった。(菅田将暉の影響も受けまくった)(最初誤打しててさだまさしって打った)

もう何着てても誰も引かないし、「ハイ出た〜ww」って面白がってくれる。ちょっとこれはハードかな(笑)って感じの服着て帰っても、親も「あんたそういうの似合っていいよね」って言ってくれる。

みんなから好奇の目で見られる、というほど派手なことはしていないし、特別おしゃれなわけでもないけれど、傷つく才能に特化しすぎた私にとってはたったこれだけの変化が周りに認められただけでも「続ければ認められる」んだって思えたし、自信になった。

私は美人じゃないし、コンプレックスなんて挙げたらきりがないけれど、それでも好きな服を着てる時は少しだけ自信が持てる気がするし、服や髪型の変化で自分自身も少しずつ変わるのが面白い。

一般人の私にはなかなか無縁なものだけれど、学生時代の発表会の類の経験から、「衣装」というものがとても好きなんだと思う。それを着てる時だけの人格、雰囲気の変化が楽しい。何かのスイッチが入る。私にとっては「私服」が「衣装」なんだろうなと思う。

 

新しい色を持った神様はいつも批判の先にしか生まれない。何を以って「自分」なのか。自分探しの旅とかつまらんこと言う前に手の届くところ自分らしくすることからだよ。私はいつだって背景に溶け込みたくはないし、そこにいるだけで何かが成り立つような、誰かの目に止まる存在になりたい。

 

いまは、目に見えない衣装も手に入れようと思っているところ。もう少し…!

 

いつだって自己ベストで生きたいよね。